So-net無料ブログ作成
検索選択

ナルト ボルト 映画 敵 [ナルト ボルト 映画関連]

ナルト ボルト 映画 敵であるモモシキとキンシキの紹介をしたいと思います。


 映画の内容がかなり凝縮されたいたため、かなり集中して観ましたが正直内容を把握仕切れていない部分もあるので、そのことをご了承ください。


モモシキとキンシキは大筒木一族の末裔のようです。


  オープニングからキンシキとサスケが激しく戦かい、キンシキはサスケと互角に渡り合える程実力者で体格の割にかなり素早い動きをするので、始まりからの戦闘シーンがめっちゃ凄いです。


キンシキはチャクラを武器に変換できるような能力でチャクラの斧を武器として主に使っていました。

bCy7S3p-e1438789938592.png

ぜひ大迫力の映画館で観てもらいたいです。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナルト ボルト 映画 ネタバレ [ナルト ボルト 映画関連]

ナルト ボルト 映画 ネタバレをボルト中心でしたいと思います。

images-28.jpeg

 本日より待ちに待ったBORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIEの公開が始まりましたので、早速観てきました。


 ネタバレがかなり含まれますので、内容を知りたくない人は読まないほうがいいと思います。


 映画の内容が凝縮されすぎていて、人によっては内容を把握しきれないかもしれないので、ネタバレを見てからからのほうが楽しめる方もいるかもしれません。


 映画の予告を見た感じではボルトは影分身、雷切、螺旋丸を簡単に使っているような感じでしたが、映画をしっかりと観てみるとそうでないのが理解できると思います。


 影分身はナルトみたいに大勢できるわけではないし、螺旋丸も小さいサイズのものがなんとかできたという感じでした。


 ただボルト特有の効果が螺旋丸には追加されていますので、今回のキーポイントとなっていたと個人的には思いましたので、ぜひ映画で確認していただきたいです。


 雷切については自分で会得したものではなく、術をコピーして使うことができる科学忍具を使って術を発動していたのです。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナルト ボルト 映画 キャラクター紹介 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト ボルト 映画 キャラクターの木の葉丸を紹介をします。

images-27.jpeg

 映画直前というとことで本日のナルトのアニメでは木の葉丸がどのように螺旋丸を習得したのか、コミックでは描かれていない部分の話でした。


 ナルトがサスケ奪還に失敗して自来也との三年間の修行が終わり木の葉の里に帰ってきた頃から木の葉丸の螺旋丸の習得が始まったようです。


 自来也はそこそこナルトに説明しながら螺旋丸を教えていたと思いますが、ナルトは教えるのが苦手で体で覚えるタイプなので、教えるというよりは見せているだという感じでした。


螺旋丸の習得には回転、威力、とどめるの三段階の工程があります。


 木の葉丸は勘違いしてお色気の術をヒントにして、親友のもえぎ、うどんの協力し、自分で考えながら回転、威力の工程をマスターしていきました。


 ナルト流螺旋丸の修行ではとどまるの工程では影分身が必要ということで、木の葉丸も影分身の習得の修行をします。


 普段ナルトが簡単に影分身の術を使っていますが、影分身は多量のチャクラが必要なのでだれでも簡単にできるわけではないのです。


 九尾のチャクラがあり、うずまき一族の血を引くナルトだからこそ多重影分身というどんでもない芸当ができるのです。


木の葉丸のチャクラ量では影分身を持続して使うのはやはり難しいようでした。


 修行のかいもあり、螺旋丸を作るための影分身はなんとかできるようになり、とどめる工程もマスターしたようです。


 ペイン戦で木の葉丸が螺旋丸を使っていましたが、仲間の協力と木の葉丸の努力の結晶があの螺旋丸だったというわけです。


映画直前のアニメで木の葉丸が主役で放送されたということは何か意味があってのことかもしれませんね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト ボルト 映画 キャラクター紹介 [ナルトの紹介]

ナルト ボルト 映画 キャラクターのナルトの続きを紹介をします。


 サスケに手も足もナルトは今以上に強くなるためカカシとヤマトの協力で新術の修行をすることになります。


 ナルトの得意な影分身ですが、ただ自分と同じ実態のある分身をを作るだけではなく分身の経験値をオリジナルに還元できるという特徴があったのです。


 本来何年もかかることを数日でできてしまうかもできない修行法ですが、チャクラ量の多いナルトにしかできない修行法なのです。


 形態変化を極めた螺旋丸を使えるナルトはそこに性質変化を加え螺旋丸をさらに強力にしようとカカシは考えていました。


カカシやサスケの千鳥が形態変化と性質変化を混ぜた術になります。


 ナルトの得意な性質変化が風と分かったところで風の性質変化を実践レベルで使えるように木の葉を切る修行、滝を切る修行を影分身を使い、アスマの助言もありながら数日で達成してしまいます。


風の性質変化が実践で使えるレベルになり、新術の修行も大詰めをむかえます。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト ボルト 映画 キャラクター紹介 [ナルトの紹介]

ナルト ボルト 映画 キャラクターのナルトの紹介の続きになります。


風影奪還任務を終えたナルトはサクラがサソリからサスケに関する情報を聞き出したことを知ります。


 カカシが全任務で万華級写輪眼を使い、体調を崩しているため、暗部で初代柱間の細胞を移植された大蛇丸の実験体の生き残りで木遁使いのヤマトを隊長とし、サスケの変わりに暗部の根のサイを入れた四人一組で任務を行うことになります。

P1000873.JPG

 サイの心ないサスケに対しての言動に始めは激怒するナルトとサクラですが、チームワークに支障が出ると任務の成功率が下がりサスケを助けることができないため、ナルトは自分の感情を押し殺してチームワークを優先するのでした。


 カブト、大蛇丸が現れた時、サスケを早く助けたい焦りから九尾の力を使い我を忘れて暴走した状態で大蛇丸と戦います。

images-24.jpeg

それを止めようとしたサクラは巻き添いをくらいナルトに傷つけられてしまいます。


 大蛇丸が去ったあとにナルトを庇うサクラですが、ヤマト隊長はナルトに九尾の力を使い暴走してサクラを傷つけてしまった真実をナルトに話します。


それを聞いたナルトは九尾の力を使わないと心に誓います。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト ボルト 映画 キャラクター [ナルトの紹介]

ナルト ボルト 映画 キャラクターのナルトの続きを紹介をします。


 サスケが抜忍となってからナルトは師匠であり、親のような存在である自来也にサスケのことを諦めろと言われます。

images-20.jpeg

 自来也もまた大蛇丸が抜忍となった時にナルトと同じような体験をしていて、自分と同じような辛い思いをさせたくないという思いがあったのです。


 しかし、ナルトにとってはサスケは特別な存在で修行して、今以上に強くなって必ずサスケを連れ戻すという意思は変わりませんでした。


 そんな意思の強いナルトに自来也はナルトの思いをくみとり、三年間ナルトを弟子として鍛えることとなります。




続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト ボルト 映画 キャラクター [ナルトの紹介]

ナルト ボルト 映画 キャラクターのナルトの紹介をします。


images-17.jpeg

 ボルトの父親であるナルトは生まれてすぐに父ミナトと母クシナの手により、九尾を体内に封印されます。


体内に九尾を封印されたいたことから、里の人たちから厄介者扱いされていました。


 下忍になる前はイタズラをすることでしか自分自身の存在をアピールすることしかできませんせんでしたが、イルカに初めて人として認められ、下忍として額当てをもらったのをキッカケにナルトは少しずつ成長していきます。


 サクラとサスケとの出会い、カカシとの初めての演習で仲間の大切さを学び、第七班として活動していきます。


 始めはビビって何もできないナルトですが、サスケをライバルとして競い合うことで精神的にも肉体的にも成長していくのです。


 数々の任務や試練を乗り越えて、伝説の三忍の一人である自来也の教えの元、九尾のチャクラコントロールや新術の螺旋丸は覚え、成長していくナルトですが、少年時代に今後のナルトの人生に大きく影響される事件が起こります。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト 映画 ボルト 予告 [ナルト ボルト 映画関連]

ナルト 映画 ボルト 予告を紹介します。

boruto_thumb_sashikae2.jpg

長きに渡り忍の世界での争いが終わり、忍の世界を一つにまとめ上げ、忍の世界に平和をもたらしたナルトとサスケ。


その後、急成長を遂げた忍の新時代。


 七代目火影うずまきナルトが統治する木の葉隠れの里を中心に次世代に忍を育てるために「中忍選抜試験」が木の葉隠れの里、砂隠れの里、岩隠れの里、霧隠れの里、雲隠れの里の合同で開催されようとしていた。


木の葉隠れの里では手練場で修行に明け暮れる三人の下忍たちがいた。


 サスケとサクラの娘で、すでに写輪眼を開眼し、ナルトに憧れを抱き火影を目指しているサラダ。


多くの謎をもち超優秀だといわれている謎の忍ミツキ。


ナルトとヒナタの息子で神童といわれているボルト。


 ボルトはナルトが火影で多忙なため、家族と過ごす時間がないナルトをクソオヤジと呼び、ナルトのことを嫌っていた。


 そんな父なら始めから居ない方がマシだと寂しさゆえ忌み嫌うようになっていた。


 ある夜、封印したカグヤのことを調べるために異空間に任務にあたっていたサスケが妙な危険が迫っていることを知らせるためにナルトの元に訪れていた。


お互いの子世代の忍のことを色々話し合うナルトとサスケ。


 そんな中、七代目火影ナルトに憧れるサラダから「サスケはナルトの唯一のライバル」と聞き憧れを抱いていてボルトはナルトの弱点を知るためにサスケに弟子入りをお願いした。
 
 
親友であるナルトの状況を悟ったサスケはある条件付きで師匠となることを約束する。


 ボルトはサスケとの修行の成果と自分の実力を見せつけるために、サラダ、ミツキよよもに中忍選抜試験への出願を決める。

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナルト ボルト ネタバレ 10話 [ナルト外伝]

ナルト ボルト ネタバレ 10話になります。

m_images-14-93434.jpeg

うちはサラダ

母のサクラを助けたい思いの強さから写輪眼を開眼し、サクラ以上の怪力でシンたちを吹っ飛ばす。

サクラの愛情を再確認し、サスケが自分を中心に家族が繋がっていることを知り、涙する場面も

今回の旅でナルトに影響を受け、火影を目指すという目標ができる。


うちはシン

大蛇丸の実験体のクローンで写輪眼、万華鏡写輪眼を開眼している。

九喇嘛が威嚇し、ナルトがなだめておとなしくなったため、木の葉の施設でお世話になることになる。


うちはサクラ

サスケの奥さんでサラダの母親。サラダの勘違いでギクシャクしていた親子関係だが、ナルト、サスケのおかげで家族の絆がより一層強くなる。


うちはサスケ

サクラやサラダと過ごす時間は少なくとも、二人に対しての愛情は時間以上に濃い。

口数は少ないが尊敬していた兄のイタチと同じようにデコトンで不器用ながら愛情表現をする一面も。


うずまきナルト

サラダに思いの強さの大事さを気づかせ、家族の和解するきっかけを作る。

暴走するクローンのシンたちをおとなしくさせ、木の葉の施設で預かるように段取りをする。


薬師カブト

20150702140802dd9.png

全戦争では自分自身を見失い、他人の能力を自分に付け足して自分を偽っていたが、サスケの兄イタチのイザナミの術のおかげで自分自身を取り戻す。

現在は木の葉の施設の園長をしている。


チョウチョウ

自分の本当の父が理想としている父とは違うため、自分の親ではないと思い込み、本当の父を探す旅に出る。

木の葉の里に帰った時に秘伝忍術を使って痩せたチョウジを見て、本当の父だと認める。

秘伝忍術に興味をもったチョウチョウはチョウジにあれだけ嫌がっていた修行のお願いをする。


カリン

images-13.jpeg

サスケの作った部隊、鷹のメンバーの1人でサスケ好き。

水月にサラダが生まれた時、取り上げたのは自分でサラダはサクラの子供だと真実を告げる。

サスケの幸せを友として願い、つながりは色々な形であると水月に告げる。


水月

鷹のメンバーの1人

DNA鑑定でサラダに間違った真実を伝え、カリンにどやされる。カリンとサスケの友情を疑っている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト 映画 ボルト 登場人物 [サスケの紹介]

ナルト 映画 ボルト 登場人物の忍界大戦前までのサスケを紹介したいと思います。

images-8.jpeg

 大蛇丸の元へ向かったサスケはナルトと久しぶりに再会した時はナルトを遥かに凌ぐ強さを身につけていました。


 大蛇丸がサスケの体を奪おうとした時には大蛇丸が弱っていたこともあり、逆にサスケの中に取り込まれてしまいます。



 サスケを連れ戻したいナルトの思いとは違い、サスケはイタチを殺すために己の道を進み、数々の死闘を乗り越え、実力を上げていきます。


 念願のイタチとの戦闘ではイタチの月読を見破り、チャクラを使い切る程の死闘を繰り広げてイタチを追い込みます。


それでもイタチには一歩実力がおよばないサスケ。


もう駄目だと思った瞬間、イタチが倒れ亡くなります。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。