So-net無料ブログ作成
検索選択
ナルト キャラクター紹介 ブログトップ

ナルト ボルト 映画 キャラクター紹介 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト ボルト 映画 キャラクターの木の葉丸を紹介をします。

images-27.jpeg

 映画直前というとことで本日のナルトのアニメでは木の葉丸がどのように螺旋丸を習得したのか、コミックでは描かれていない部分の話でした。


 ナルトがサスケ奪還に失敗して自来也との三年間の修行が終わり木の葉の里に帰ってきた頃から木の葉丸の螺旋丸の習得が始まったようです。


 自来也はそこそこナルトに説明しながら螺旋丸を教えていたと思いますが、ナルトは教えるのが苦手で体で覚えるタイプなので、教えるというよりは見せているだという感じでした。


螺旋丸の習得には回転、威力、とどめるの三段階の工程があります。


 木の葉丸は勘違いしてお色気の術をヒントにして、親友のもえぎ、うどんの協力し、自分で考えながら回転、威力の工程をマスターしていきました。


 ナルト流螺旋丸の修行ではとどまるの工程では影分身が必要ということで、木の葉丸も影分身の習得の修行をします。


 普段ナルトが簡単に影分身の術を使っていますが、影分身は多量のチャクラが必要なのでだれでも簡単にできるわけではないのです。


 九尾のチャクラがあり、うずまき一族の血を引くナルトだからこそ多重影分身というどんでもない芸当ができるのです。


木の葉丸のチャクラ量では影分身を持続して使うのはやはり難しいようでした。


 修行のかいもあり、螺旋丸を作るための影分身はなんとかできるようになり、とどめる工程もマスターしたようです。


 ペイン戦で木の葉丸が螺旋丸を使っていましたが、仲間の協力と木の葉丸の努力の結晶があの螺旋丸だったというわけです。


映画直前のアニメで木の葉丸が主役で放送されたということは何か意味があってのことかもしれませんね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト 映画 ボルト 登場人物 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト 映画 ボルト 登場人物のサクラを紹介したいと思います。

images-6.jpeg

今でこそ、ナルトのこと理解し、信頼しているサクラですが、ナルトと出会ったばかりの頃はあまり良い関係ではありませんでした。


ナルトのことを表面的にして見ていないサクラはナルトのことをかなり毛嫌いしていたのです。


 しかし、同じ第七班としてナルトと共に行動し、ナルトの成長を間近で見続けていたサクラはいつしかナルトを認めるようになっていきます。


 アカデミーの頃からサスケ一筋を貫いてきたサクラは最終的にはサスケと結婚しますが、その道のりはとても険しい物だった思います。


 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト 映画 ボルト 登場人物 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト 映画 ボルト 登場人物の木の葉丸を紹介したいと思います。

images-5.jpeg

木の葉丸は三代目火影ヒルゼンの孫にあたり、シカマルの師である猿飛アスマの親戚にあたります。


 祖父であるヒルゼンが三代目火影であるため、自分のことを三代目火影の孫としてしか見てくれず、幼少期の木の葉丸は自分の存在を認めてもらうために三代目火影ヒルゼンに勝負ばかり挑んでいました。


三代目火影を倒せば里の皆が認めてくれると思っていた木の葉丸は心も体もまだまだ子供でした。


 サスケの兄イタチが言った一言とても印象的です。「火影になった者が皆から認めてもらえるわけじゃない、皆から認めてもらった者が火影になる」と


 そんな木の葉丸ですが、ナルトと接することで皆から認められるには凄く大変な道のりだと気付かされます。


 始めは三代目火影を倒した?ナルトのお色気の術を学ぶために弟子入りするのですが、ナルトがイルカに認められるまでの苦労が木の葉丸に伝わったのか弟子ではなくライバルとしてナルト見るように心の変化があります。


木の葉丸の行動を見ているとナルトをライバルというようりは、兄としての接しているように思います。


たまにナルトと合えばお色気の術の術比べをしたり、かなりナルトに影響を受けています。


 木の葉丸の活躍シーンですが、ペインが木の葉隠れの里を襲った時にペインの一人を影分身を陽動に使い螺旋丸で倒しますが、どれもナルトの得意とする忍術です。


 影分身も螺旋丸はかなり高等忍術ですが、さすがプロフェッサーと呼ばれた三代目火影ヒルゼンの孫ですね。


 ナルトの最終話で上忍の木の葉丸がボルトを叱る場面がありますが、自分の子供の頃同じようなイタズラをしていたのに自分のことは忘れてしまったのでしょうかね?


 ナルト ボルト 映画ではボルトの担当上忍として登場しますが、どのように活躍するのか非常に楽しみです。


この内容を踏まえて木の葉丸とナルト ボルト 映画を観てもらえればさらに楽しめると思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト 映画 ボルト 登場人物 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト 映画 ボルト 登場人物のナルトを紹介します。

images-4.jpeg

ナルトは生まれてすぐに木の葉隠れの里に多くの被害をもたらした九尾を体内に封印された。


 その事を話すことは里ではタブーとされていたが、九尾の事件を知っている大人たちはナルトのことを厄介者扱いしていたのだ。


ナルトはそれを知らずに里の人々の目を引こうと悪戯ばかりしていたが、相変わらず里の人たちの態度は厳しいものだった。


忍者の養成施設のアカデミーに通っていたナルトは落ちこぼれで何度も卒業試験で不合格になっていて、生徒の皆が分身の術が三人はできるところ、ナルトはろくに二人さえ分身の術ができないレベルだった。


どうしても卒業試験を合格して忍者になりたかったナルト。


ナルトを利用して禁術の巻物を手に入れようとする輩に利用され、禁術の巻物を盗み出すナルトが、その事件の時にナルトは初めて自分の中に九尾が封印されていることを知ってしまった。


 そんなナルトを化け物呼ばわりする人たちの中の一人にアカデミーの担任のイルカ先生だけはナルトのことを化け物扱いではなく一人の人と接して、ナルトのことを認めていることを知る。


ナルトこの時は初めて人の温かさに触れた瞬間だったと思います。


今は七代目火影として里の皆から慕われる存在ですが、子供の頃はこんなに過酷な時期があったのです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ナルト ボルト 映画 登場人物の紹介 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト ボルト 映画 登場人物のナルトとイルカの紹介していきたいと思います。

images-4.jpeg

 主人公のうずまきナルトですが、今でこそ七代目火影として里を治める優秀な忍として活躍していますが、子供の時は息子のボルトと同じように歴代火影たちの顔岩に落書きをしていたのです。

 
 しかし同じ落書き行為でもボルトは父親のナルトにかまってほしいという意思を伝えたくてやっているが、親のいないナルトは自分の存在を認めてほしいという想いでやっていたのです。

 
 卒業試験前日にいたずらしたナルトは前回とその前も試験に落ちているのに「そんなことをしている場合ではない」とイルカ先生に怒られる。

罰として分身の術の復習テストの時も勝手にハーレムの術というエロい術を披露してまた怒られる始末。

 
 顔岩の落書きを消しおわった時にイルカにラーメンを奢ってもらいましたが、親のいないナルトにとって、イルカと食べるラーメンは最高に美味しかったのでしょうね。

 
 ラーメンが好きというより、この時唯一かまってくれるイルカと食べるご飯が好きだったのかもしれません。

 
 次の日卒業試験はナルトの苦手な分身の術でほかの生徒が三人は分身できるところ、ナルトは上手くできず、また不合格になる。

 
 イルカがナルトに厳しい態度をとっていたのは、両親をナルトの体内に封印した九尾の殺された影響だったのだと三代目火影ヒルゼンは思っていました。

しかし、イルカはナルトのことを表面的には見ていなかったのです。

 
 ナルトが封印の書を持ち出した事件の時、ナルトは自分がなぜ里の皆から厄介者扱いされていたのか知らされます。

里を壊滅の危機にした九尾がナルトの体内に封印されたいること。

イルカの両親が九尾に殺されたこと

 
 それを聞いたナルトはショックを受けますが、心の中ではイルカが本当にナルトの辛さを理解して認めていることを初めて知ります。

 
 もし、ナルトがイルカと出会わなければ、今のナルトは存在しないくらいイルカの存在はナルトにとって大きいものなのです。

ナルト ボルト 映画 登場人物 ナルトの子供時代とイルカの紹介でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナルト ボルト 映画 登場人物の紹介2 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト ボルト 映画 登場人物の登場人物を紹介したいと思います。
猿飛木ノ葉丸

images.jpeg

三代目火影ヒルゼンの孫で子供の頃はナルトと同様にイタズラばかりしていた。大人になり木ノ葉丸班としてどのように、ボルト、サラダ、ミツキたちを導くのか!ナルトの影響が強く、影分身や螺旋丸を使える。

ミツキ

images-2.jpeg

詳細は不明で他里から来た謎の多い少年でボルトと仲が良い。

奈良シカマル

頭脳明晰で切れ者。影で人を縛ったり、武器を操るのが得意。七代目火影のナルトの相談役として、ナルトを影から支えている。

奈良シカダイ

シカマルと風影我愛羅の姉のテマリとの息子。父親と同じで面倒くさがりやな性格。猪鹿蝶の修行をしているので影縛りの術はつかえるのであろう。テマリの風遁系の術を継いでいるのか!

images-5.jpeg

サイ

元木ノ葉暗部の根に所属していたが、サスケが里を抜けた際に入れ替わりでカカシ班に配属される。根に所属していた影響で感情を殺していたが、ナルトたちと行動を共にして人としての感情を取り戻す。墨で書いた動物を操る忍術が得意。

山中いのじん

いのとサイの息子。サイの苗字ではないということはサイは山中家に婿養子なったのか?猪鹿蝶の修行をしていることから、相手の精神の中に入る心転身の術とサイの墨の術は使えるのであろう。

images-4.jpeg

秋道チョウチョウ

images-6.jpeg

チョウジとカルイの娘。サラダと仲が良いようで、秋道一族秘伝忍術の倍化の術を使える。

ロック・リー

忍術は使えないが体術の達人。以前は八門遁甲の六門までしか開けなかったが、月日が流れどこまで八門遁甲を極めたのか!

メタル・リー

詳細は不明でリーの子供ということしか分かっていない。一体リーは誰と結婚したのか!リーと同じ格好をしているので体術が得意そうな感じ。

images-7.jpeg



続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナルト ボルト 映画 登場人物の紹介1 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト ボルト 映画 登場人物の紹介をしたいと思います。

うずまきナルト 

images-9.jpeg

 生まれた時に父と母を亡くし、父と母を亡くすキッカケとなった九尾を体内に宿す。自身の成長とともに九尾とも和解し、仲間とともに忍びの世界を平和に導く。現在は子供のころから憧れだった火影として活躍中。


うずまきヒナタ 

images-12.jpeg

 幼少期からナルトに憧れ好意を抱いていた。長年の思いが届きナルトと結婚。日向一族の末裔で白眼(視界が良くなる)と柔拳法を得意とする。


うずまきボルト

images-10.jpeg

 ナルトとヒナタの息子で火影ナルトを嫌い、イタズラばかりしている。サスケに弟子入りいたようで千鳥を使えるようだ。ヒナタの血を引いていることから白眼も使えるのだろうか?まだまだ子供だがナルトを超える逸材!


うずまきヒマワリ

images-13.jpeg

ナルトとヒナタの愛娘。ネジの墓参りをするシーンしか登場しないため情報は少ないが、ネジやボルトのことを気遣う優しい女の子。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ナルト ネタバレ 700 画バレ公開 [ナルト キャラクター紹介]

ナルト ネタバレ 700 画バレ 「うずまきナルト」の紹介になります。

ナルトの最終回は週刊少年ジャンプではオールカラーで単行本と同じ内容でもカラーになるだけで、全然ちがいますね。

 最終話に出てきた新キャラの紹介と感想を書いていきます。。

 サスケとナルトの激戦から数年後、舞台は木の葉のアカデミーからはじまります。

 先生が生徒たちに話をしている。だれが先生をやっているかと思えば、油目シノがまさかのアカデミーの先生をやっていましたね。

 シノの話をまったく聞かず、皆にすんげーイタズラを教えてやると声をかける少年。見た目ですぐにわかりますね。ナルトとヒナタの息子のボルトです。髪型を変えた子供時代のナルトですね。

yjimage-17.jpeg

 それを横から眺めるメガネをかけた少女。見た目だけではだれの子供か分かりませんが、サスケとサクラの娘の名はサラダ

yjimage-19.jpeg

 ボルトのイタズラ話に論理的に無理だと説明する少年。これも見た目ですぐにシカマルの息子だと分かる。名はシカダイ。シカマルとテマリの結婚はだれもが予想できますよね。

yjimage-18.jpeg

 これから猪鹿蝶の修行だという真面目そうな少年。この子も見た目だけでは分からなかったが、いのとサイの息子みたい。いのはサイのことカッコイイと言っていたシーンもありましたし、サスケに似たイケメンなので、いののもうアタックで結婚したというところでしょうか。

yjimage-20.jpeg

 そのとなりであちしはアンコ先生と約束があるからダメだと言うポッチャリの女の子。完全にチョージの子供だわ。相手はまさかのカルイ。いったいどういう経緯で結婚したのか予想がつきません。

yjimage-21.jpeg

 ネジの墓の前でヒナタと娘のヒマワリがネジの墓参りをしている。ヒマワリはナルトとヒナタに似て可愛らしいですね。

yjimage-23.jpeg

 アスマと紅の息子も大きくなって7代目火影の護衛任務として活躍しているみたいですね。

yjimage-22.jpeg

 戦争から10年前後経過しているのでしょうか?それぞれのキャラクターが年をとっただけでなく、ナルト世代のキャラクターは体だけでなく心の部分の大人になっていますね。カカシ世代や先代の影たちは完全に落ち着いた感じで、それだけ次世代のナルトたちがしっかりしているからなのでしょうね。

 あのイタズラ小僧だったナルトや木の葉丸がしっかりとした大人になっているんですよ。ナルトと木の葉丸が子供時代からは想像がつきませんよね。

 ナルトという漫画、アニメがほか作品とは明らかに違うと思うところは表面的な成長や物理的に強くなるだけでなく、心の部分の成長を描いて表現していると思います。

 今後も短期連載、映画公開、ナルト展にと岸本先生には頑張ってもらいたいですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
ナルト キャラクター紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。