So-net無料ブログ作成
検索選択

ナルト ボルト 映画 サスケ [サスケの紹介]

ナルト ボル映画 サスケの詳細を紹介したいと思います。

ed16031867-img450x600-1438210892ntmc9e11660.jpg

 ナルトファンならBORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIEをとっくに映画を見たと思いますが、サスケが主人公?っていうくらい大活躍していましたね。


 映画の始まりから瞬きしては見逃してしまう程のスピード感あふれるキンシキとの戦闘シーンは圧巻でした。


 元々戦闘能力は忍の中でも1、2を争う程の実力ですが、サスケの特徴である自己中心的な性格が嘘のように変わっていました。


 親友であるナルトと次世代の忍のことを語り合い、ナルトのことを気遣いボルトを弟子として面倒を見るサスケの姿は兄のイタチを思い出させるようでした。


 修行中はボルトのことをけっして甘やかさず、言い訳をするボルトを理詰めで追い込み自分自身で考えさせ、努力することの大切さを教えていました。


 モモシキとの戦闘でピンチの時もボルトとサラダを守り、守られる側から守る側へサスケの活躍シーンが際立っていました。


ナルトがモモシキにつれさられ、ナルトのことを少しずつ理解するボルトを影から支えるサスケ。


 ズルをして額あてを没収されたボルトに自分の額あてをボルトに託したサスケの姿にはサスケなりのボルトへの愛情を感じました。

スポンサーリンク





今まで気づかなかったのですが、サスケはナルトと違い、左腕はなくしたままでした。


 これはあくまで自分の推測ですが、サスケはこれまで罪を忘れないための自分への戒めなのではないでしょうか?


片腕しかないため、得意忍術の千鳥が出なかったわけなのです。


しかし。ここである疑問が出ると思います。


なぜ、影分身はできるの?


 これはナルトの小説を読めば分かりますが、ナルトがサスケとの戦闘で片手を失って、まだ義手が完成していない時にナルトが片手で影分身をできる印を編み出していたのです。


 ナルトと連携してモモシキを追い込み、最後は特殊な形態変化の効果を加えた螺旋丸が有効だとボルトに託したサスケはもう本当に最高でした。


 あれだけ目立ちたがり屋のボルトが火影を目指すことなく、サスケのような影の忍を目指すとは思いもしませんでした。


イタチの思いがサスケへ受け継がれ、いずれボルトにも受け継がれていくのでしょう。


ここまで素晴らしい内容の漫画と映画はないと思うので、ぜひ漫画も映画も観てもらいたいです。


ナルト ボルト 映画 サスケの詳細を紹介でした。




スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。